• ホーム|ゲットラックカンパニー株式会社
  • 会社概要|ゲットラックカンパニー株式会社
  • 代表ご挨拶|ゲットラックカンパニー株式会社
  • サービス内容|ゲットラックカンパニー株式会社
  • お問い合わせ|ゲットラックカンパニー株式会社

3.ファスティングの流れ - The Master Drink!! - |セミナーの開催、健康食品(THE Master Drink等の飲料)、農産物などの委託販売を行うゲットラックカンパニー株式会社のオフィシャルウェブサイト

ファスティングは「正しく食べる」ための健康法。


STEP1 ファスティングに備えて、体内環境を整える期間 ウォーミングアップ期 3~5日
「マゴワヤサシイ」を中心とした食事にする。

 ・・・  豆類、納豆、豆腐、味噌などの大豆加工食品
【たんぱく質とマグネシウムが豊富】
 ・・・  ごま、ナッツなどの種実類
【抗酸化栄養素やミネラルが豊富】
 ・・・  ワカメ、昆布などの海藻類
【抗酸化栄養素やミネラルが豊富】
 ・・・  野菜
【ビタミン、食物繊維などが豊富】
 ・・・  魚(特に小型の青背魚類)
【タンパク質やオメガ3[DHA、EPAなど]を供給】
 ・・・  しいたけ、えのきなどのキノコ類
【ビタミンDやムコ多糖類が豊富】
 ・・・  じゃがいも、さつまいもなどの芋類
【食物繊維が豊富】


●内臓に負担のかかる肉や揚げ物など、高脂肪、高タンパクな食事をできるだけ控えるとよい。
●最終日(ファスティング実施の前日)の夕食は、午後8時までに終えておくほうがよい。


「正しく食べる」とは、食べたものが、栄養としてきちんとカラダに吸収され、利用されるようにすること。そのために必要不可欠な物質が「酵素」です。体内で合成される酵素の量は一定だと言われており、食べ過ぎなどで消化に酵素を使い過ぎると、代謝に必要な酵素が不足して、栄養の有効利用や老廃物の排出が滞りがちになります。

ファスティングは、必要最小限のカロリーと豊富なミネラル・ビタミン、酵素を補いながらおこなう健康法で、水だけで過ごす「絶食」やひたすら食べない「拒食」とは違います。ファスティング実施前と実施後には、「マゴワヤサシイ」による食事でカラダの正常な働きを促し、ファスティング期間は、無農薬の野菜と果物を発酵させたファスティングドリンクを3~5日間、食事代わりに飲み、腸に休息を与えて、体内の解毒と浄化を促します。




STEP2 酷使していた内臓を充分に休ませて、疲労を癒す期間 ファスティング期 3~5日間
仕事や家事など通常の生活パターンで過ごします。
最初の1~2日は多少辛くても、だんだん慣れて食欲もラクに抑えられます。


●初日の朝は、一番最初に良質の水を200~400ml(コップ1~2杯)飲む。
●ファスティングドリンクを、4回(朝、昼、夜、就寝前)に分けて適量の水で割って飲む。


起床 水をコップ1~2杯飲む(1時間程度の軽いウォーキング)   チェックポイント
  • コーヒーや紅茶、緑茶などカフェイン入りのお茶は飲まない。
  • 清涼飲料水は飲まない。
  • 飲酒、喫煙は厳禁。
  • ガムを噛んだり、アメをなめたりしない。
  • ハードなスポーツは控える。(散歩や軽いウォーキング程度なら良い)
※上記を守られた方がより効果が期待出来ます。
 
朝食 ファスティングドリンクを飲む(通常通りの仕事・家事)
 
昼食 ファスティングドリンクを飲む(通常通りの仕事・家事)
 
夕食 ファスティングドリンクを飲む(通常通りの仕事・家事)
※夕方に空腹を感じたら、酵素ドリンクを飲んでも良い
 
就寝前 ファスティングドリンクを飲む

※軽い運動の後や、お風呂上がりには、水分を補給し、早めに就寝しましょう。




STEP3 ゆっくりと「マゴワヤサシイ」に基づいた食事へと戻すための期間 復食期 3~5日間
胃腸に負担のかからない野菜ジュースやスープ、おかゆやお味噌汁など、消化しやすい物からはじめて、ゆっくりと「マゴワヤサシイ」を中心とした食事に戻していきましょう。

●初日の1食目は、できるだけ固形の食物を摂らないようにしましょう。
●「マゴワヤサシイ」を中心とした食事。



週に1日、気軽にプチファスティング!
仕事の都合などで毎日はちょっと・・・という方は、毎週1日だけ土曜日や休日などにファスティングをしましょう。定期的に「食べない日」をつくることが大切です。1日の場合もスケジュールに従い、チェックポイントに注意して行いましょう。
サービス内容へ戻るページの先頭へ戻る